Home

MITTAN "PT-33" 大麻ワイド厚 (琉球藍染)

$278
カラー:
サイズ:
MITTAN (ミッタン)
MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史を元に、現代の民族服を提案しています。
平面的な構造を再解釈し、天然素材が持つ本来の機能性と組み合わせることで、一過性の時代の流れにとらわれることの無い、永く続く服を目指しています。

-生産背景-
生地は遠州、播州、尾州といった日本各地の機械織りの産地をはじめ、インド、ラオスといったアジア圏の手織りのものを主に使用。
デザイナーが可能な限り直接機場に赴き、独自の素材開発にも取り組んでいます。
また縫製糸には主に綿糸を、織りネーム、品質表示、ボタン等の付属品には天然素材を用い、国内の提携工場で縫製しています。
染色には通常の染料の他、草木や藍、虫、鉱物を使用し、その不均一な色の移り変わりも美しさとして捉えています。

-MITTAN商品のお直しに関しまして-
MITTANの服は1シーズンではなく、長く、生地が擦り切れそうになっても尚着続ける事を前提にデザインされています。そこで長くご愛用していただく為に、修繕を承っています。
お直しの詳細は、以下よりご覧ください。
-MITTANのサイズに関しまして-
MITTANのアイテムは、ユニセックスで着ていただけます。
サイズ展開は1、2、3で表記しています。
1はレディースのM、2はメンズのM、3はメンズのLというのが大まかな目安です。
コンパクトに着たい、ざっくりとオーバーサイズに着たいなど、お好みの着かたに合わせてサイズをお選びください。

RYUKYU INDIGO (琉球藍染)
沖縄で古くから栽培され、藍染の染料として使用されていた琉球藍は、沖縄の染織にとって欠かせない染料です。その栽培方法は過酷で、良質な藍葉を育てるためには、徹底した栽培管理や技術、製藍の過程での重労働に耐える強靭な体力と精神力が必要です。また、発酵状態や製造段階で使用する石灰水の量を見極めるためには長年の経験と熱練を要します。
昔から伝えられてきた方法により生み出された藍を用いて手作業で一枚一枚染めては洗いを丁寧に繰り返すことで、化学染料では表現することのできない独特の風合いと一枚一枚表情の違った深みを持ちます。琉球藍は、沖縄のきれいな海の様な深みを持った文化の色といえましょう。しかし、時代の流れと共に安価に手に入る化学合成インディゴが普及してからは、手間暇がかかる藍の仕事に従事する人も少なくなってしまいました。

RYUKYU INDIGOの詳細は、以下よりご覧ください。
RYUKYU INDIGO について

"PT-33RC" 大麻ワイド厚 (琉球藍染)
シルエットは定番の亜麻苧麻ワイドをベースにした太めのストレートのデザインです。ベルトループが付いていますが、ウエストゴムと内側の紐で、ベルトを用いなくても着用が可能になっています。インナーを調整する事で多くの季節で着用が可能です。
生地は大麻100%の糸を経糸、緯糸に使用しています。通常使用している大麻生地よりも太い番手の為、しっかりとした厚手の生地になります。大麻は強靭な繊維ですが、経年変化で肌に徐々に馴染んでゆき、麻から綿のような質感の変化が楽しめます。大麻の特性であるひんやりとした触感は洗濯を繰り返しても継続し、真夏でも快適に着用が可能です。

size(cm)
1 / ウエスト60ー75 股上31 股下58 ワタリ30 裾幅22
2 / ウエスト66ー81 股上32 股下62 ワタリ32 裾幅23
3 / ウエスト72ー87 股上34 股下64 ワタリ34 裾幅25
着用モデル:178cm 着用サイズ:3

Material : 植物繊維(大麻) 100%
Made in Japan


<下記、商品の特性上のものとしてご了承のうえご購入くださいませ>
・手染めにて染色している為、個体差がございます。
いずれも天然染色の風合いとして不均一な色の移り変わりをお楽しみください。独特のムラ感は化学染料では表現出来ない最大の特徴です。
・藍染商品の注意点として、天然染色のため初めの数回のご着用時には色移りする可能性もあります。それらの防止の為、色止めは行なっていますが、天然染色の特性上予めご了承くださいませ。
・日焼けしやすいため、日光にあたらない場所で保管してください。
・製品到着時、藍染特有のアク成分が表面に浮き、匂いや黄茶色が出る場合がございます。その場合は、一度下記の通りお手入れしてからご着用下さい。アクが抜け、天然藍染特有の鮮やかな色味が増していきます。
普段のお手入れ
・水洗いで、可能なら手洗いでやわらかく洗ってください。
・日焼け防止の為、陰干ししてください。
・ドライクリーニングは避けて下さい。
・初めの数回は他の衣類とは分けて洗ってください。色移りの可能性があります。
・その後は色の濃いものと一緒に洗うか、分けて洗ってください。
・洗剤は中性洗剤を使用し、漂白剤、蛍光増白剤が入っていないものを使用していただくことが望ましいです。もしくは、専用の色落ちしにくい洗剤などをご使用下さい。

初回のお手入れ( アク抜き方法)
※1ヶ月~3ヶ月に1度はアク抜きのため、お湯につけ込みをおすすめいたします。
①製品を40℃程度の湯にしっかり20~30分置く。
②アクが出ると黄茶色になる。余分な藍が残っていた場合は青色が出る。
③水を変えながら2~3回水洗いする。
④1~3の工程を2回繰り返す。
⑤十分に脱水し乾燥させる。
・アク抜きとは藍に含まれるインディゴ以外の不純物を取り除く事です。
 藍染本来の藍色が映え、紫外線による退色変化を軽減する効果があります。
・水洗いに使用したボウルやシンクの表面に青い染料がつく事がありますが、スポンジ等でこすれば落ちます。

関連した商品

最近閲覧した商品